スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のmoco

昨夜はmocoの大幹部会議だった。

手帳をよく見ると「大乾部会議」ってなってた。

さ、大幹部会議ってなんだろう?
一見、幹部のなかの幹部が集まる、もうそれはスゴイ会かのようなネーミングだが、

最近moco内で(と言うか副代表が)何にでも“大”をつけりゃいいと思っていることからこの名がついた。

先日行われた打ち上げもなぜか「大打ち上げ」だった。

んま、確かにメンバーは、vol.4までの幹部5人に加えイベント幹部5人だったから。大っちゃ大なのかな。




というわけで今号(moco vol.5)でも、営業部長をさせていただくということです。
もうすぐ自分がmocoの営業部長となってから1年半が経とうとしています。






今まで営業やってきたのは「やりたい!」と思ってたというより「自分がやらなあかん。」の方が大きかった。正直。



今回は、引き継ぎもしていい。やるの?やらないの?
という状況で、初めて「やりたい。もう一回だけやりたい。」と思った。

なんか不思議な感覚だった。まさかそんな選択肢が自分の中にあると思ってなかったから。













1回生の冬。2月1日。mocoが立ち上がる。やすに営業部長を任命される。


営業なんて何なのすら分からない。けど、その日から私は営業部長となった。








始めたころは、やすがいろんなところでいろんな話を聞いてくれたりして、何も行動できてないあたしをひぱってくれていた。








ある日、やすが自分でつくった資料をもってきてうちにきた。そこには10年後、20年後のmocoの姿が書かれてて、やすは楽しそうに話してくれた。

 あぁ、なんかすんごいことになるんだろうなー。
 まじで腹くくらんとあかんのだろうなー。

そんな予感とワクワクと不安が一気に流れ出て、謎なぐらい泣いて暴れた。笑




「やらなあかんっておもってて。ただできてないだけやろ。」

と言われたのを覚えている。


いつだって、解決策なんて「やるしかない」のひとつだけ。











本田さんとの出会いや、信頼を買ってくれたクライアントさんとの出会い。

良い意味での「後に戻れない」。が私を押してくれた。





自分勝手は通用しない。
やりたくないとか、行きたくないとか、辞めたいとか。








腹をくくったあの日から、そんな選択肢はなかったし。考えたこともなかった。











勝手に団体立ち上げて、
勝手に営業して、
お金もらって、
好きなモノ発行して、
勝手に喜んで、





それでつらいとか、いえないいえない。
中途半端なこと、できないできない。







多分、いままで、こんなこと、じっくり考える余裕すらなかったんやろうな。










それが今、少し余裕ができて。mocoを発行することや、営業部長ってのにも慣れてしまってたり。


自分勝手なこと。しっちゃてたり。
回り見えてなかったり。









だから初心にもどることが大切だな。と。ふと思った。





mocoが立ち上がるちょっと前のメールが保存してある。
読んでみた。少しあの頃の気持ちを思い出す。



















vol.5が最後のmoco。
今度こそ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。